消費者金融 ネット申込tz cmsa

消費者金融 ネット申込tz cmsa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロミス

 

 

 

スマホ・webで24時間申込可能

 

 

来店不要・最短即日融資

 

 

 

 

 

プロミス 詳細はこちら

モビット

 

スマホで24時間キャッシング

 

 

申込から借入までweb完結

 

 

 

 

 

モビット 詳細はこちら

アイフル

 

 

 

スマホで24時間キャッシング

 

 

申込から借入までweb完結

 

 

 

 

アイフル 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロミス

プロミスとは、SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社が運営している消費者金融会社です。プロミスではキャッシングに加えて、貸金業法に基づくおまとめローン、自営者カードローン、目的ローンの4つの商品が展開されています。メイン商品であるフリーキャッシングは、18?69歳までの安定した収入がある方が対象です。会社員はもちろんのこと、アルバイトやパートの方でも利用できる可能性があります。

 

プロミスはサービス内容が豊富なのが特徴です。プロミスの審査は最短即日融資が可能となっています。即日融資を利用したい場合は、Web・アプリや自動契約機で申し込むのがおすすめです。ただし、審査内容や時期によっては時間がかかる場合があるので注意してください。30日間無利息で利用できるサービスもあります。プロミスで初回契約した方に限り、借入日の翌日から30日間までなら無利息でキャッシングを利用できるのです。

 

わずか10秒後に指定の口座へお金が振り込まれる瞬フリというサービスも展開されています。Webの会員ページから振込依頼すると、24時間365日いつでも最短30秒で希望金額を振り込んでくれる便利なサービスです。利用できる金融機関が決まっているものの、全国約200の金融機関で手続きできるので問題ないでしょう。なお、手続きした時間帯によっては、翌日振込になるケースもあるので注意が必要です。貯めるとお得なポイントサービスも用意されています。ポイントを貯めると、提携ATM手数料が無料になったり、ポイント数に応じて一定期間無利息になるサービスを受けられます。

 

プロミスを利用する際は、Web・アプリ、来店または電話という3つの申込方法があります。手続きの際は、運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードなどの本人確認書類が必要です。Web・アプリを利用する場合は、まず申込フォームに氏名や住所、借入希望額などを記入してください。次に運転免許証などで本人確認が行われます。申込後に届いたメール内のURLにアクセスし、申込時に入力したパスワードを使ってログインします。

 

アプリを使って、顔と運転免許証の写真を撮って提出しましょう。プロミス側から依頼があれば、収入証明書類の提出が必要になる場合もあります。キャッシングの審査結果はメールまたは電話で届きます。Web上で契約手続きが完了すれば、すぐに借入が可能になります。なお、審査が完了した後に店舗に来店して、カードを発行してもらってから借入することも可能です。

 

 

 

 

 

 

プロミス 詳細はこちら

 

 

 

 

プロミスレディース 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

モビット

モビットの正式名称はSMBCモビットと言い、運営会社はSMBC(三井住友銀行)グループの株式会社SMBCモビットです。カードローンのキャッシングサービスを展開しています。最短即日融資が可能なので、急ぎのお金が必要になったときに便利です。SMBCグループであるのに加え、健康経営優良法人2022(大規模法人部門)にも認定されているので安心してお金を借りることができます。全国の提携ATMやローソン銀行ATMで24時間対応しており、時間を気にせず申込・借入・返済が可能です。返済すると利息分200円に対して1ポイントのTポイントが付与され、返済にも1ポイント1円としてTポイントが利用できるのもモビットの特徴です。会員専用のネットサービス「Myモビ」を利用すると、利用状況の照会や借入・返済の相談などができます。

 

住友銀行か三菱UFJ銀行、みずほ銀行またはゆうちょ銀行に口座がある人と、社会保険証か組合保険証のある人は手続きがweb申込で完結します。ネットで口座に入金され銀行のカードで出金ができるので最短即日融資が可能ですが、入金のタイミングは金融機関によって異なります。本人確認の電話や、契約書類の郵送などはありません。カード申込をした場合は、モビットカードは、ゆうパックで指定のコンビニなどに届きます。最寄りのローン契約機でも受け取れます。モビットアプリをスマホにインストールすれば、モビットカードなしで24時間取り引きが可能です。セブン銀行・ローソン銀行のATMもカードなしで利用できます。

 

モビットを利用するには、まずWebの簡易審査を受けましょう。必要事項を入力すると、審査結果が10秒で表示されます。本審査の結果はメールか電話で、最短30分で確認できます。そのままネットか電話で契約でき、契約後は提携ATMか振り込み融資を利用できます。もっとスピードアップしたい場合はネット申込後にコールセンターに電話すると、すぐに審査が始まり手続き完了後最短3分で口座にお金が振り込まれます。借り入れの申込資格は20歳から69歳の安定した定期収入のある人で、アルバイトや派遣社員、自営業でも可能です。運転免許証か、健康保険証などの書類が必要です。入会金や年会費はかかりません。

 

借入方法は振込キャッシングと、連携ATMでのキャッシングがあります。返済は口座振替・提携ATM・インターネット返済などが選べます。金利は実質年率3%から18%です。利息は日割り計算になります。たとえば、10万円を18%の金利で30日間借りたときの利息は1,479円になります。

 

 

 

 

 

モビット 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

アイフル

アイフルとは、カードローン、キャッシングローンのほか、事業サポートを請け負っている消費者金融です。正式名称は「アイフル株式会社」です。アイフルは1967年に創業、1978年に設立されました。1978年当時の社名は「株式会社丸高」であり、1982年からアイフル株式会社を名乗り始めます。2020〜2021年の消費者金融の営業収益ランキングでは、アコム、三井住友FGに次いで、3位となりました。テレビCMやWeb広告も有名であり、日本でもっとも有名な消費者金融のひとつだといえます。20〜69歳で安定した収入のある人なら、誰でも申込可能です。

 

アイフルのサービスの特徴は、「最短即日融資」です。Web申込なら、審査は最短25分で完了し即日融資を受けられます。さらに、初めての利用なら30日間は利息0円です。融資を受けても、30日以内に完済すれば利息が発生しません。そのほか、振り込み手続きには、24時間365日対応がなされます。土日祝日も関係がないので、すぐにでもお金が必要な人には向いているサービスだといえるでしょう。ただし、指定の金融機関の受付時間外なら、翌営業日以降に振り込みは持ち越しとなります。

 

アイフルの申込方法は「Web」「スマホアプリ」「電話」「無人店舗」「専用窓口」の5種類です。このうち、場所を選ばずに申し込めるのは、「Web」「スマホアプリ」「電話」です。Webとスマホアプリでは、入力フォームに基本情報や収入状況を打ち込んで、審査を待ちます。電話でも流れは変わらないものの、自分で入力をするのではなく、オペレーターに情報を伝える仕組みです。

 

無人店舗では、係員と電話でやり取りをしながら、必要事項を入力します。専用窓口でも係員を通して、必須事項を埋めていきます。なお、審査に申込むためには本人確認と収入証明の書類が不可欠です。本人確認書類としてアイフルが認めているのは、運転免許証、個人番号カード(表のみ)、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カードなど、顔写真付きのものです。あるいは、公共料金領収書や国税・地方税の領収書、納税証明書が必要になることもあります。そのうえで、源泉徴収票や給料明細などの収入証明書も提出しなくてはなりません。

 

アイフルの審査に通ったら、利用開始となります。審査結果は電話かメールで、申込者の希望に応じて通知されます。自宅や職場への在籍確認は原則的に行われていません。ただ、審査状況によっては電話がかかってくることもあります。契約後の借入方法は振込やアプリ、ATM利用などです。振込やアプリだと、カードがなくても利用可能です。

 

 

 

 

 

 

アイフル 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッシングコラム

今月はやりくりが厳しいなぁというときにはキャッシングの利用が便利ではありますが、自分の収入を持たない専業主婦という身では縁がないこと、と思い込んであきらめる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、実際には専業主婦でも融資が可能となるキャッシングもあります。主婦でも融資をしてくれる業者の場合には、旦那様の収入が安定しており、継続的なら、あっさりと審査を通過し、利用可能となります。カードローンやキャッシングなどで、複数の会社を利用していると、やがて利息分の負担が厳しくなってきて不自由さを感じることも増えてくるはずです。
おまとめローンが必要になるのは、そんなときです。

 

 

 

複数のローンを1本に集約できるのでとても便利です。

 

 

 

毎月1社に返済するだけで済むので、悩みの種だった利息分の負担が減り、返済そのものがラクになってくると思います。昔から借りている人ならご存知ですよねが、2010年までに段階的に法律が改正され、カードローンやキャッシングの金利の上限値は以前より下がりました。

 

といっても、利息制限法における上限は18.0%なのが、条件を満たした業者が登録すれば「29.2%」以下なら貸付ができるという状態でした。
「普通免許では10人乗りまでだけど、大型免許なら30人以上乗せても良い」のと同じで、違法ではありません。
でも11%以上ちがうと支払額が全然ちがうでしょうね。
この18?29.2%がグレーゾーン金利と呼ばれています。

 

 

 

ここ数年、CMでも見かけるようになった過払い金請求というのは、利用者(債務者)がグレーゾーン金利として払った額を法律事務所を通して返金して貰うというものです。気軽に借金を返すことができる利用しやすい返済手段といえば、コンビニ返済です。返済する時間を気にすることなくコンビニに行くだけで返済できるので、忘れてもすぐに思い出せます。コンビニは中には毎日立ち寄っている人もいるくらいの場所ですし、私の場合だと、しごとの合間や買い物の後などに寄っていきます。キャッシングでお金を借りて返済していることが側に人がいてもわかりにくいこともコンビニ返済を使う上での利点です。

 

キャッシング関連の規制でよく知られているのが、総量規制でしょう。これは、借り入れ可能額が年収の3分の1というものです。

 

 

この規制そのものは消費者金融に対するものですから、銀行は管轄の法律が異なり、適用外になります。

 

数社で債務がある場合はこれまでの借金額も全てふくめたものが判定額になるんです。

 

 

 

カードローンは即日融資が当たり前の時代ですよね。例えばネットで申し込みをし立としますよね。するといくらか時間が経てば現金を手にすることが出来るのです。という事は、カード発行を後に行う所以ですが、手元にカードが届いた、その後も持ちろん、ネットだけの利用もOKなところが大半ですから、つまるところ、カードレスローンと言えるかも知れません。私達が消費者金融でお金を借りるためには審査をパスすることが条件ですが、合格ラインは各社それぞれ一緒ではないそうです。

 

よって、比較してみると緩い審査条件で貸したいと言ってくれる会社が世の中にはある所以です。

 

なので、万が一、自分の信用情報に安心できていなくてもあきらめなくてもよいので、貸してくれる会社を見つけてちょーだい。

 

キャッシングの返済では、決まった方法に沿って今後のことを考え、期日に遅れず返済可能であるように気をつけないといけません。

 

仮に返せなくなったら当初の利息より負担が大きい遅延損害金の支払い義務が生じる上にブラックリストに名前が記され、今後はお金を借りられないので注意しましょう。

 

どうあっても当日中にお金がなければ困るのに、貯金などまったくないという悩みを抱いていらっしゃる方には、その場でお金の融資を受けられるキャッシングの利用がおすすめです。

 

大多数のカードローンを扱う会社では、当日中の融資を受け付けていて、必要な手つづきさえおこなえば、当日中にお金を借りることも不可能ではありません。

 

最近の借金は簡単です。

 

ネットで申し込んで口座に振り込んで貰えば、外に出なくてもスムーズかつスピーディーにお金が借りられるようになっているのです。けれども、このイージーさが全ての人の「ためになるか」というと、結局は借り手次第ですから、きちんと計画をたてて、そのとおりに返済していかないと、便利さゆえに危ないはめに陥らないともいえません。

 

銀行などの対面方式なら相談も可能で、客観的にみても問題のない判断ができそうですが、非対面方式で同じことができるのかはわかりません。対面契約を全面廃止している会社は少ないので、まだまだ需要はあるようにも思います。今月は赤字にならなかったもののギリギリという月の給料日直前に、急な出費が出てしまった時、犯罪に手を染める所以にもいかず、正当な手段でお金を手に入れるのにはどうしたらいいかと言うと、キャッシングを選ぶのがスマートですよね。申し込み、手つづきはネットから出来るので、パソコンやスマホがあればオーケーです。早ければ、その日のうちにお金が振り込まれることもあると言います。

 

 

 

緊急の場合、本当にありがたいです。

 

 

 

いくらお手軽と言っても、当然信用調査は行なわれますし、ゴーサインが出て初めて融資が実行されると言う所以です。

 

 

 

色々な銀行やカード会社での借金が重なっているような人や、あちこち借りすぎて借金の概要が掌握し切れず、返済できない負債が多数発生しているような場合などブラックリストに載っていたり、返済能力に問題ありと認められるような時には、会社、個人に関わらず誰がお金を貸してくれるでしょう。生活態度を改め、今ある借金を少しでも無くす努力をするしかありません。

 

 

 

現在、カードローンを組んでいます。それも二つの消費者金融においてです。

 

それぞれ十万と二十万の、計三十万円です。合わせて二万円を毎月の返済に充てているのが現状です。ですが、両社とも最大利子での貸付のため、どれだけ返済を進めても、返済額が減る様子がありません。知人からアドバイスを貰い、他の金融業者で借り換えようとしたのですが、どの消費者金融でも、審査の段階で断られてしまいました。

 

金額的には小さいのですが、初めてのカードローンで今はとても苦しんでいます。個人が借入を申し込むときは、審査を避けて通ることはできません。
しかし即日融資を謳う会社が一般化して、業界大手の金融業者も軒並み追従しており、1、2時間で銀行口座に振込なんていうのが普通です。

 

数年前まではもう少し遅かったのですが、まさかこんなに早くなるとは予想しませんでした。

 

こうなると、時間がかかるほうが「変だった?」ような気がしてくるから不思議です。

 

 

 

市場そのものが狭くなり、利便性による集客を目さしているとか、スピード審査&スピード融資が実現したのには所以があると思います。
ネット銀行が一般化したこともあるでしょう。

 

いずれにせよ利用者にとっては本当に有難いことです。カードローンにおける審査基準は、借り入れ出来るかどうかの目安ということで、全てではないものの、情報公開されているようです。本来、この基準は非常にシビアなものになっているのですが、具体的な可否の判断は、担当者に一任されているという事も、珍しくはありません。様々に異なる個人の状況をはっきりと分けて考える事は難しいことが分かりますね。

 

お金を借りるために金融業者を捜しているなら、もしあなたが過去に他社で借りたことがある場合、慎重な判断がもとめられます。

 

過去に延滞の履歴があるときはとくに新たな借入には障りがあることもあるようです。延滞中でも借りられたケースはない所以ではないですが、金利が高かったり審査のハードルが高いなどの問題もあるでしょう。なかでも長期(3か月?)の延滞履歴があると、新しい借り入れ自体、まず不可能でしょう。

 

 

今すぐにでもまとまったお金が必要なのに、貯金は自由に使えないそんなお悩みを解決するためには手軽なキャッシングが役立ちます。
派遣社員やアルバイトでお勤めの方でも借りることができ、専業主婦は、配偶者に一定の収入があることが条件になりますが、融資を受けることができる業者も存在するのです。提示された条件を満たすことができたら、当日中の融資も可能になります。キャッシングを複数社で使う際には総量規制というものがあるので、各社の利用可能額の合計がどうなっているかを計算して申し込むように気を付けましょう。消費者金融会社が、こうして総量規制を設定しているのは、キャッシングを使う人があまりに高い金額を借り入れするのを防ぐためであり、規制の上限は個人の年収によって定められるので、自分がいくら借りているかを確認した上で判断する必要があるんです。カードローンを組むとなると心配事がいくつか出てくると思いますが、その中でも一番注意したいのは、そのカードローン会社の設定した金利のほかありません。
コマーシャルでもカードローン会社の宣伝は一つではありませんよね。

 

 

そして、そこに提示される金利も、其々違います。金利が高ければ高い程、返済時には高額の利息がつくこともあります。

 

ですから、出来るだけ金利が安いところでカードローンを組むのがおススメです。

 

 

よほどお財布事情に余裕がない限り、お金を借りなければいけないときがあると思います。
そんなとき、よく知らないからといって考えもしないで近場のビルの無名金融などにホイホイ借りに行ってしまうと、アトで救いようのないほどこわーい事態になる危険もあることを理解してちょーだい。

 

お金の貸借は個人と会社の信用で行なわれるものですから、よく考えた上で、銀行のカードローンや大手金融会社などから借りればトラブルも防げます。

 

キャッシングやカードローンの返済が滞ると、程度にもよりますが、カードが利用停止になり、返済を促す手紙が郵送されてきます(※明細自宅送付を要望しない場合でも届きます)。
持ちろんその書面に書かれているとおりにすべきですが、払わないでいると、元々借りていた会社から別の会社(回収業者)へと債権が移され、ゆくゆくは裁判ということになります。一括で支払いを命じられて、払うゆとりがありますか?延滞による事故履歴がつくと少なくとも数年間は借りることができません。ですから、期日に間に合わないようなら借り入れしていた金融業者に連絡することが大切です。現実的でより良い解決方法を提案してくれることもあります。
キャッシングにおいて重要になるのが「クレヒス」ですが、クレヒスというのは「クレジットヒストリー」の省略形であり、これまでにあなたが利用したキャッシングの履歴を言うのです。
キャッシングの利用後、支払いをきちんと済ませることができればクレヒスも信用性のあるものになり、次回からキャッシングの審査が通りやすくなります。

 

こうした要因からクレヒスというのは大切なものなのです。
あなたの信用を損ねる「延滞」にだけはくれぐれも気を付けて計画をたてて期日に間に合うように返済するのをおすすめします。借金そのものが悪い所以ではないのですが、あまり人に知られたくはないですよね。
特にキャッシングはその傾向が著しく、家族や親に知られたくないという方が少なくないようです。

 

具体的には、明細書やカードの送付を避けられれば良いのです。それなら『WEB完結』サービスはぜったいおすすめです。ただのウェブ申込と違って、申込から融資まで全てがネット上だけでできるので、自宅への郵便物(カード、明細書)も一切なく、これならラクな気持ち(その時々で変化していくものです)で利用できると思います。
キャッシングやカードローンを使うと自宅に明細書が送られてきます。

 

 

 

家族が心配するので勤務先に送るのは以前ダメだったので、ほかに家族に秘匿する手段はないかといろいろ捜してみたら、けっこうフツウにそういう会社が存在することに気づきました。

 

それも、大手銀行系や老舗金融などで。なかでも短期返済で無利息になるキャンペーンをしていたレイクに決定。

 

 

 

申し込みには駅近の自動契約機を使いましたが、ネットでも申し込みできるようです。肝心の利用明細は、ウェブ上で確認するので家に郵送されることはないそうです(自宅送付も選べます)。

 

おかげでやりくりも楽になりましたし、気持ち(その時々で変化していくものです)も楽になりました。

 

 

 

無職の人はキャッシングをあきらめているかも知れませんが、借り入れを断られることは、それほど多くありません。
ネットを通したしごとなどで稼いでいる人は職業は「自営業」ですし、その間の経歴を「フリーター」と書けば無職と書くこともありません。ただし、あちこちの会社から借り入れしていたり、トータルの借り入れ金額が多かったり、在宅確認ができなかった人などは借り入れが難しいので、自分の借り入れの可能性をよく考えましょう。

 

 

過払い金請求のコマーシャルって、ゴールデンタイムにも流れていますね。

 

CMや広告自体も以前より多くなったように思います。カードローンやキャッシングの利用経験なら私にもありますが、返済もとっくに終わっていて、現在では小額の利用が中心です。

 

 

法律事務所に依頼してまで請求するほどの金額かというと、お門違いかも知れません。ただ、確定申告で税金が戻ってくるみたいに、戻ってくる金額があるのかぐらいは関心がないというほうが嘘になります。金額を簡易で計算できるホームページもあるようですし、一度チェックしてみると良いかも知れません。初めてカードローンをつかってお金を借りる場合、総返済額に関わる「金利」が重要な比較材料になると思います。ただ、普通の金融業者ではほぼ横一線な状態ですので、決め手に欠けるというのが実情でしょう。差別化という点では、ポイントがつくところは便利ですよ。

 

 

 

自社ホームページで使えるほか、ポイント交換ホームページを経由して他社ポイントに換金可能です。

 

と、ここまで金銭的なオトク重視で書きましたが、『計画的な利用』ほどオトクなものはないんですよ。借りて使えるだけでもメリットは大きいはず。だからこそ、お金に対するバランス感覚が狂わないようしっかり検討して、申し込むようにしてちょーだい。アトで苦しくなれば、カードローンのメリットも半減してしまいます。
今日、それも今、お金を用意しないとせっかくの商談が駄目になってしまう。必要なお金が足りない、もしくは全く無いなんてことは誰でも一度くらいはあるものです。

 

 

 

ピンチを脱出するには、色々考えてみましたが、信販会社で出しているクレジットカードなら、いいかも知れませんし、担保や保証人も不要な消費者金融のATMなども続々増えており、いつでもお金を借りることができる時代になりました。

 

怖い顔の人がいる所以ではないし、所要時間も人によってはたった5分で、貸してくれるのだとか。それも魅力の1つですよね。

 

 

そんなことはないに越したことはありませんが、貯金と並行して借金の方でも下調べをしておくのもいいでしょう。
お金を借り入れる際には書類や口座など色々なものが必要と思われていますが、そんなに多くありません。

 

 

 

実際に利用してみると、拍子抜けするでしょう。
個人の貸借履歴や会社ごとの審査基準によりますが、免許証やパスポートのように写真付きの公的証明書や健康保険証などがあればOKです。顔写真つきの証明書がない場合でも、保険証と公共料金の領収書などで済む場合があります。

 

 

 

こんなふうに、実際に借りるのは簡単です。

 

しかし返済時に「借りれて助かったな」と笑って返せるかは、あくまでも本人の気持ち(その時々で変化していくものです)によるでしょう。自分の収入ばかり考えるのではなく、固定支出も考慮し、どのようにすれば無理なく完済できるか考えることが大切です。大学生の弟が、バイクの購入資金に充てるためにキャッシングサービスを利用してい立ということがついに親にばれてしまいました。
私の弟は遠方の大学に通っているので、普段は大学近くに下宿しており、キャッシングサービスをつかってバイクを買ったなんて、家族は誰も気づかなかったのですが、弟が支払いをきちんと行なわなかったせいで「ご子息の借金滞納の件」ということで親にまで連絡があって、すっかりばれたのです。
結局のところ、借りたお金は親がぜんぶ支払ってくれて、弟は嫌というほど油をしぼられていて、少し可哀想に思ったのをおぼえています。世の中には待ってはくれない不意の出費というものがあります。そんなおぼえは今までありませんでしたか。

 

その場(職場・オトモダチ・家族)で借りれないとき頼もしいのがキャッシングです。CMひとつかなり、消費を促すより、ユーザーがしりたい情報を伝達する形式が増え、キャッシングは現代的なサービスの1つとして、抵抗なく利用可能であるようになりました。

 

 

もしものときに、手つづきで手間取らないよう、時間をかけずに入金対応してくれる、会社をリストアップしたり、カードだけでも作っておくと、良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る