即日融資 ウェブ申込みkm






















プロミス






スマホ・webで24時間申込可能





来店不要・最短即日融資







プロミス 詳細はこちら













アイフル




最短30分の審査


即日融資も可能


スマホからいつでも申込可能





アイフル 詳細はこちら










モビット




スマホで24時間キャッシング



申込から借入までweb完結





モビット 詳細はこちら








プロミスレディース




プロミスの女性向けサービス・プロミスレディース



女性のためのキャッシングサービス





プロミスレディース 詳細はこちら























































プロミス

プロミスとは、SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社が運営している消費者金融会社です。プロミスではキャッシングに加えて、貸金業法に基づくおまとめローン、自営者カードローン、目的ローンの4つの商品が展開されています。メイン商品であるフリーキャッシングは、18?69歳までの安定した収入がある方が対象です。会社員はもちろんのこと、アルバイトやパートの方でも利用できる可能性があります。

プロミスはサービス内容が豊富なのが特徴です。プロミスの審査は最短即日融資が可能となっています。即日融資を利用したい場合は、Web・アプリや自動契約機で申し込むのがおすすめです。ただし、審査内容や時期によっては時間がかかる場合があるので注意してください。30日間無利息で利用できるサービスもあります。プロミスで初回契約した方に限り、借入日の翌日から30日間までなら無利息でキャッシングを利用できるのです。

わずか10秒後に指定の口座へお金が振り込まれる瞬フリというサービスも展開されています。Webの会員ページから振込依頼すると、24時間365日いつでも最短30秒で希望金額を振り込んでくれる便利なサービスです。利用できる金融機関が決まっているものの、全国約200の金融機関で手続きできるので問題ないでしょう。なお、手続きした時間帯によっては、翌日振込になるケースもあるので注意が必要です。貯めるとお得なポイントサービスも用意されています。ポイントを貯めると、提携ATM手数料が無料になったり、ポイント数に応じて一定期間無利息になるサービスを受けられます。

プロミスを利用する際は、Web・アプリ、来店または電話という3つの申込方法があります。手続きの際は、運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードなどの本人確認書類が必要です。Web・アプリを利用する場合は、まず申込フォームに氏名や住所、借入希望額などを記入してください。次に運転免許証などで本人確認が行われます。申込後に届いたメール内のURLにアクセスし、申込時に入力したパスワードを使ってログインします。

アプリを使って、顔と運転免許証の写真を撮って提出しましょう。プロミス側から依頼があれば、収入証明書類の提出が必要になる場合もあります。キャッシングの審査結果はメールまたは電話で届きます。Web上で契約手続きが完了すれば、すぐに借入が可能になります。なお、審査が完了した後に店舗に来店して、カードを発行してもらってから借入することも可能です。






プロミス 詳細はこちら



プロミスレディース 詳細はこちら







モビット

モビットの正式名称はSMBCモビットと言い、運営会社はSMBC(三井住友銀行)グループの株式会社SMBCモビットです。カードローンのキャッシングサービスを展開しています。最短即日融資が可能なので、急ぎのお金が必要になったときに便利です。SMBCグループであるのに加え、健康経営優良法人2022(大規模法人部門)にも認定されているので安心してお金を借りることができます。全国の提携ATMやローソン銀行ATMで24時間対応しており、時間を気にせず申込・借入・返済が可能です。返済すると利息分200円に対して1ポイントのTポイントが付与され、返済にも1ポイント1円としてTポイントが利用できるのもモビットの特徴です。会員専用のネットサービス「Myモビ」を利用すると、利用状況の照会や借入・返済の相談などができます。

住友銀行か三菱UFJ銀行、みずほ銀行またはゆうちょ銀行に口座がある人と、社会保険証か組合保険証のある人は手続きがweb申込で完結します。ネットで口座に入金され銀行のカードで出金ができるので最短即日融資が可能ですが、入金のタイミングは金融機関によって異なります。本人確認の電話や、契約書類の郵送などはありません。カード申込をした場合は、モビットカードは、ゆうパックで指定のコンビニなどに届きます。最寄りのローン契約機でも受け取れます。モビットアプリをスマホにインストールすれば、モビットカードなしで24時間取り引きが可能です。セブン銀行・ローソン銀行のATMもカードなしで利用できます。

モビットを利用するには、まずWebの簡易審査を受けましょう。必要事項を入力すると、審査結果が10秒で表示されます。本審査の結果はメールか電話で、最短30分で確認できます。そのままネットか電話で契約でき、契約後は提携ATMか振り込み融資を利用できます。もっとスピードアップしたい場合はネット申込後にコールセンターに電話すると、すぐに審査が始まり手続き完了後最短3分で口座にお金が振り込まれます。借り入れの申込資格は20歳から69歳の安定した定期収入のある人で、アルバイトや派遣社員、自営業でも可能です。運転免許証か、健康保険証などの書類が必要です。入会金や年会費はかかりません。

借入方法は振込キャッシングと、連携ATMでのキャッシングがあります。返済は口座振替・提携ATM・インターネット返済などが選べます。金利は実質年率3%から18%です。利息は日割り計算になります。たとえば、10万円を18%の金利で30日間借りたときの利息は1,479円になります。





モビット 詳細はこちら







アイフル

アイフルとは、カードローン、キャッシングローンのほか、事業サポートを請け負っている消費者金融です。正式名称は「アイフル株式会社」です。アイフルは1967年に創業、1978年に設立されました。1978年当時の社名は「株式会社丸高」であり、1982年からアイフル株式会社を名乗り始めます。2020〜2021年の消費者金融の営業収益ランキングでは、アコム、三井住友FGに次いで、3位となりました。テレビCMやWeb広告も有名であり、日本でもっとも有名な消費者金融のひとつだといえます。20〜69歳で安定した収入のある人なら、誰でも申込可能です。

アイフルのサービスの特徴は、「最短即日融資」です。Web申込なら、審査は最短25分で完了し即日融資を受けられます。さらに、初めての利用なら30日間は利息0円です。融資を受けても、30日以内に完済すれば利息が発生しません。そのほか、振り込み手続きには、24時間365日対応がなされます。土日祝日も関係がないので、すぐにでもお金が必要な人には向いているサービスだといえるでしょう。ただし、指定の金融機関の受付時間外なら、翌営業日以降に振り込みは持ち越しとなります。

アイフルの申込方法は「Web」「スマホアプリ」「電話」「無人店舗」「専用窓口」の5種類です。このうち、場所を選ばずに申し込めるのは、「Web」「スマホアプリ」「電話」です。Webとスマホアプリでは、入力フォームに基本情報や収入状況を打ち込んで、審査を待ちます。電話でも流れは変わらないものの、自分で入力をするのではなく、オペレーターに情報を伝える仕組みです。

無人店舗では、係員と電話でやり取りをしながら、必要事項を入力します。専用窓口でも係員を通して、必須事項を埋めていきます。なお、審査に申込むためには本人確認と収入証明の書類が不可欠です。本人確認書類としてアイフルが認めているのは、運転免許証、個人番号カード(表のみ)、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カードなど、顔写真付きのものです。あるいは、公共料金領収書や国税・地方税の領収書、納税証明書が必要になることもあります。そのうえで、源泉徴収票や給料明細などの収入証明書も提出しなくてはなりません。

アイフルの審査に通ったら、利用開始となります。審査結果は電話かメールで、申込者の希望に応じて通知されます。自宅や職場への在籍確認は原則的に行われていません。ただ、審査状況によっては電話がかかってくることもあります。契約後の借入方法は振込やアプリ、ATM利用などです。振込やアプリだと、カードがなくても利用可能です。






アイフル 詳細はこちら












即日融資 ウェブ申込みkm

実際にキャッシングすると分かるのですが、審査の度に、勤め先に在籍確認の電話がありますが、はっきり言って、面倒だと感じる方が多いでしょう。

 

 

 

しかし、普通に考えてみると、全く知らない人に快く融資に応じてくれるなんて、周りを見てもまずありえないだと思います。そうでなければ、それは「普通」じゃないだと思います。

 

 

ですから、カードローンも同様に審査は必要なものだという事です。

 

 

カードローンやキャッシングを申し込むと、勤務先へ電話(在籍確認)がかかってくることがあります。

 

いきなりローン会社の社名は出してきませんが、電話番号でバレたりするのではないかと思うと気まずいし、それでいて言いりゆうするのも気がひけます。そのように考えている人は少なくないようで、在籍確認の電話なしで審査が完了する方法もあります。

 

業界でも老舗の部類に入る大手業者や銀行系も対応を初めており、在籍確認が心配である(不安である)と伝えると会社や組合の名前が入った保険証などで審査してくれる会社があります。

 

在籍確認を省くと融資上限が幾らか下がることがありますが、比較的少額の融資であれば、問題ないでしょう。カードローンやキャッシングの返済日が迫っていたら、身近な店を捜しましょう。
といっても『コンビニエンスストア』ですからすぐ見つかります。そこに設置されたATMで返すだけ。こんな便利なことに気づかなかったなんてと思うでしょう。金融機関までわざわざ移動する時間や手間はもったいないです。普通に名前を知っているコンビニエンスストアならほとんどの店で返済ができてしまうんです。
駅近はもちろん住宅地の中にもあるコンビニエンスストアは年中無休で、忙しくて忘れそうなときでも、思い出したときにあらかじめ入金しておけるので断然便利です。
手数料を払う価値はあると言うものでしょう。お金を借りる「カード」というと、クレジットカードとカードローンを同じように考えているケースが意外と多いです。簡単に言うと、この二つ、キャッシング(借りられる)額の上限にすごい差があるのです。いまから解説しますので、全然違うものであるのを分かって頂戴。

 

 

物品の購入を目的としたクレジットカードは融資の額が低めに設定されていて、カードローンはローン機能のみなので高い上限額(500万とか)があることは、もはや常識です。こう説明すると、あなたがたちがいに納得されます。

 

 

 

個人事業主として数年の経歴を持っています。

 

波のあるしごとなので、良い収入が入ってくるときもありますしそうでないこともよくあります。

 

パソコンのディスプレイがダメになって、パソコンが急きょ必要となり、キャッシングをしたいのですが、ローン審査に関する知識がなくて、どんなものか掌握できていないのですが、アルバイトや正社員ではない私でも利用できるでしょうか。給料が正規よりも安く抑えられると企業から人気の派遣社員ですが、アルバイトとは違うのでお金を借りに行っても何か問題がありそうですが、実際はちがいます。

 

 

敷居が高いと感じているカードローンでも、コマーシャルで連呼されているおなじみの会社のいずれもが格別な条件を突きつけられるでもなく、貸し付けが実行されます。

 

派遣だからなどと自虐的な見方をされがちだったのが覆されたばかりでなく、ついでといっては何ですが、アルバイトまでもその待遇を上げたのか、お金を簡単に貸し付けられる場面が多く見られ、断られる件数も減ってきています。チャンスを前にお金が必要な時、どこかに貸してくれる会社がないか捜してみるのもひとつの手ですね。債務整理をしている最中にキャッシングってできないと思うのが一般的ですが、どうなのでしょう?ご存じない方が多いと思いますが、実は可能なのです。
どんな悪さでも、バレなければやってないのと同じなので、中にはキャッシングしてくれる業者もあるのが事実です。ですが、バレてしまったときにはそれによって免責許可も出なくなってしまうなど、問題は決して少なくないのです。なぜあなたは債務整理を行うまでに追い詰められたのか、事前によく考えた上で行動することが必要です。
ここ7?8年くらいでしょうか。
過払い金請求のCMや広告ってよく見かけるようになりました。
私だって以前はキャッシングをしていたことがありますが、毎月一定額を返すリボ払いでもうじき返済も終わるので、わざわざ弁護士事務所に相談することではないと思っていました。

 

 

ただ、確定申告で税金が戻ってくるみたいに、戻ってくる金額がどれくらいになるのかは知りたいものです。無料相談もあるようなので、気になる人は利用してみると良いでしょう。

 

 

 

借金というと眉をひそめる人もいますが、誰でもお金を借りた経験はあるでしょう。
マイカーや不動産購入などは現金よりローンで購入するのが一般的ですし、ショッピングでのクレジットカード払いも借金であることは間ちがいないでしょう。そして、借入金を返すときには利息分をつけて返すことになるでしょう。返済に時間がかかるほど金利は高くなるため、払えるならなるべく早く返済してしまうのが結果的にお得ということになるでしょう。
銀行預金と借入金の金利をくらべると、銀行のほうがずっと低い(安い)はずです。

 

それなら定期預金で利息を稼ぐより、銀行預金で借金を早く消すほうがよっぽど経済的と言うものです。ローンシミュレータなどを使って計算すると、節約効果に驚くと思いますよ。キャッシングを申し込む際、初めての利用の場合には借り入れを要望する額の記入が必須となるでしょう。幾ら借りるかは悩みの種ですが、最初の時点からそんなに高い金額を要望として書くとキャッシングしてもらえないこともあります。
最初は、できることなら要望の金額は控えめにしておいて、返済の実績をちゃんと作って高めの金額を再度申請するのが賢い方法でしょう。
カードローンやキャッシングでお金を借りているときは、延滞だけは避けなければいけません。

 

延滞するとカードが利用できなくなるばかりか、会社から督促の手紙が自宅へと郵送されてくるはずです。

 

そこですべ聴ことは、書面の通りにすることです。

 

もし不在を装ったり開封しないでいても、期限を過ぎれば債権は別会社の手に渡り、ゆくゆくは裁判ということになるでしょう。一括で支払いを命じられて、払うゆとりがありますか?延滞による事故履歴がつくと少なくとも数年間は借りることができません。ですから、期日に間に合わないようならその金融業者に連絡をしてみて頂戴。月々の返済額を減らしてくれたり(長期化します)と、現実的な支払方法を提示してくれることもあります。

 

これからカードローンでお金を借りようとするときは、金利を考慮して選ぶ人が多いと思いますが、最近はそれもドングリの背くらべな感じですから決め手に欠けるというのが実情でしょう。それでもやはりトクしたいと言うのなら、ポイントが稼げるところは利便性が高いと思います。初回ポイントや利用ポイントがついて、ネット上でお金と同じように使うことができるでしょう。

 

 

ポイントと円の換算率は会社によって違うので気をつけて頂戴ね。また、返済方法を選ぶことで総返済額も増減しますが、トクだからといって安易な返済プランをたてると苦労します。

 

自分の収入や月々の支出に合ったプランを考慮した上で申し込むべきでしょう。
延滞して遅延金が発生してからでは、オトク感も意味がありませんから。キャッシングは誰にも知られないのがメリットですが、利用すると明細書が送られてくることは避けられませんでした。
やましくなくても家族に口出しされたくないことってありますよね。

 

 

 

どうにかして家族にバレないようにする方法はないかと検索してみると、裏ワザとかでなく、普通に「明細書送付なし」の金融機関が多いのには驚きました。なかでも短期返済で無利息になるキャンペーンをしていたレイクに決定。

 

ウェブなら24時間手つづきできるのですが、あえて家や会社のPCは使わず、自動契約機を使って契約しました。
明細書もネット上で確認するので家に郵送されてくることはありません。

 

 

おかげでやりくりも楽になりましたし、気持ちも楽になりました。本当に支払いに窮してくると、消費者金融や銀行の借換ローン(おまとめローン)など、借りやすいけれど高金利なところに足が向きやすくなると思います。しかし、使途は「生活資金」に限られますが、居住地の公的機関の融資も検討に入れてみてはいかがでしょう。全国の社会福祉協議会では最大3.0%という低い金利で貸付けを行っています。

 

審査はありますが、該当するなら利用する価値は高いでしょう。

 

 

生活費を融資するのは「生活福祉資金貸付制度」と言い、用途別に他にも制度があります。また、連帯保証人をたてられれば無利子(利息負担ゼロ)となる点がありがたいです。

 

民間融資と公的融資。どちらもよく調べて、何のためのお金をどこから借りるか、よく考えてみて頂戴。急にお金が必要なんだけど、周りに借りれる人がいないという経験って、誰にでも、あるのではないでしょうか。

 

キャッシングでは車や家は買えませんが、臨時の出費にはとても役たちます。若手女性タレントの派手すぎないTVコマーシャルで、利率や会社の特徴もわかって、初心者でも不安がなく利用できるようになりました。もしものときに、手つづきで手間取らないよう、自分の使っている銀行系を調べたり、即日対応の消費者金融系などの会社をリストアップしたり、カードだけでも作っておくと、安心です。キャッシング審査にかかる時間を最短にしたい場合、運転免許証など本人確認書類を用意した上でキャッシング業者の自動契約機で審査を受ければ簡単に審査結果も短時間で出てくるので、突然の出費対策に向いています。

 

 

 

キャッシングも借金ですので信用状況を問い合わせ、勤務先に在籍確認をして審査するので、キャッシングしたお金を期限までに返すことや、収入が安定していることなどその会社の審査に通るようにしなければなりません。初めてのキャッシングなら、どこが信頼できるのか気になるものです。銀行系ではモビット、ノーローン、市街地や駅前で見かけるアコムやPROMISEなど消費者金融系の会社も知られています。

 

 

CMや広告など宣伝費をかけている会社をあえて選ぶ利点は、いわゆる薄利多売的に、利率が低く設定されていることでしょう。
返済額は借入額+利息ですから、こういった金利負担の少なさの恩恵を受けて支払い(返済)が楽になるのは言うまでもありません。また、延滞を起こしにくいというのも事実です。キャッシングをするときの審査って、心理的にちょっと負担だと思います。

 

アナログ手法だった昔とくらべると、今は格段に簡単にできてしまうので、逆に驚きました。
キャッシングのほとんどは10万円前後の少額ですが、審査に1時間かかることなんてないですし、私の場合、ネット銀行を振込先に指定したら40分後にPCの前ですべて完結しました。

 

それって、当たり前になってきています。

 

 

免許証やパスポートなど顔写真つきの公的証明書があれば、超手軽。スマホアプリだけで申し込み完結してしまうので、予備のお財布(レシートなどのお金以外のものを入れておくのは、金運を下げてしまうそうです)感覚で、簡単になってきていると感じます。

 

 

お金に困ったときのキャッシングは、上手く使えば有難いものです。

 

ただ、甘く見積もって利用していると、予定通りに返済できない(難しい)ときがあったりして、後悔するようになるでしょう。要するに、上手く使うことが大切なのです。
収支バランスを念頭に置き、自分のボーダーラインを守りながら賢く利用すると、キャッシングのメリットを感じることができるでしょう。お金を貸すと、頭を悩ませることになるかも知れません。

 

名前だけでも借りることは好ましくありません。

 

キャッシングの会社を利用する時に、年収の証明書類の提出が必要になることがあります。提出後、さらに上限額は年収の3分の1なのです。
そうなれば、抜け道として考えつくのが他人の名前を騙ってお金を借りることでしょう。でも、名義を借りるのも借金と同じような事ですから、止めておいた方がいいでしょう。高額なお金が急ぎで必要なとき、貯金は自由に使えないそんなお悩みを解決するためにはキャッシングを使ってみるといいかも知れません。

 

 

 

毎月一定の収入を得ている派遣社員やアルバイトの方ならば融資を受けることが可能ですし、配偶者の方がお勤めであれば、専業主婦のあなたも融資を受けることができる業者も存在するのです。

 

 

一定の条件をクリアすればその日のうちに融資して貰えるでしょう。

 

僕の兄は真面目でしたが、いつのまにかキャッシングしていて時節のコート代にも困るくらい苦労していたことがあります。転職先の給与が低かったのにミエをはって以前と同様にお金を使っていたので、口座の残高が底をつくのは時間の問題で、困った末にキャッシングで現金を手にしたというのが顛末です。でも、借りたお金ですから返さなければいけません。
そこでやめておくということをせず使い続けたので、そんなに大した額じゃなかったはずなのに借金が減らないのです。
父に相談したらものとっても怒られ、親が肩換りする形でキャッシングした分を全部、一括返済しました。それほど使いすぎ立つもりもないのに、クレジットカードの利用明細を見てその金額にびっくりしてしまいました。次月の支払額が大変なことになっていて消費者金融のキャッシングでお金を借りてしまうという更なる負債の連鎖に足を踏み入れ、もうこれ以上はどうにもならないところまで追い詰められてしまいました。このままでは会社にまで知られ、問題になりかねないと退職まで頭をよぎりましたが、悩み苦しんでいた私を見るに見かねて、両親が相談に乗ってくれ、命拾いをしました。

 

 

 

数百万円と、実際自分の退職金ぐらいでは返済できないほど膨らんでしまいましたが、定期預金を幾つか解約してまで出してくれたので、申しりゆうなくて涙が出そうですが、何年かかっても返さなければいけませんから、ちゃんとした証書を制作し、けじめをつけ立ため、毎月可能な金額と、ボーナス時のまとまった金額の返済を積み重ねていくことで、普段の生活を送りながらでも完済できると思います。カードローンやキャッシングでお金を借りるのは、簡単で便利ですが、頼るものがないときの最後の手段だと思っているのです。
娯楽や趣味の支出は借りてまでするべきでしょうか。

 

あくまでも個人の問題ですが、借金がなかった頃にくらべると生活が楽になるとは思えません。
む知ろ逆で、だんだん金銭感覚の修正が難しくなるようにも思います。
そうならないようにするためには今後の収支を考え、不足している金額のみの利用に限れば本当の意味でキャッシングは役に立ってくれるでしょう。キャッシングを複数の会社で利用するにあたっては総量規制と言うものがあるので、各社の利用可能額の合計がどうなっているかを計算して申請しなければなりません。こうした規制を消費者金融会社が設けている目的は、利用者があまりに多くの金額を借りることを防ぐためで、その額は年収の額によって変わってきますから、借り入れの状況をしっかり掌握した上で判断する必要があるのです。
貸金業法が改正されたことで、金融機関が設定するキャッシングの金利が従来よりも引き下げられています。法改正の前にお金を借りている方は、利息を払いすぎの可能性があります。

 

返還請求には時効があります。つまり、思い当たるならば、完済の方も、返済中の方も一日でも早く専門機関にアドバイスをもとめて、返還手つづきができるようにして頂戴。

 

この頃のカードローン(キャッシング)業界はユーザーにとって非常に使いやすいものになってきています。
その最たるものは、ネットだけで申込から審査、融資までがスムーズに行なえることでしょう。当然ながら書類の郵送も必要ありません。

 

 

 

会社によって若干のちがいはありますが、上限30万円くらいまでなら運転免許証や社員証などを写メやアプリで送信することでどこにも出かけることなく手つづきできるのです。
手つづきが済むと即日融資になるので、自分の口座に振り込みされているはずなので、あとはATM等を使ってお金をおろすだけです。ただ、コンビニエンスストアATMでは記帳ができないので、カード会社のWEB明細等でローンの履歴はきちんと掌握しておきましょう。

 

 

 

キャッシングでは返済期日を守らなければいけません。

 

 

延滞すると通常より高い延滞利息を払う必要があるので損なだけでなく、支払いが何度か遅れると、金融機関のブラックリストに載ってしまうと今後の借り入れができなくなってしまうなどのデメリットがあります。借りるときも便利なキャッシングは返すときも便利で、いろんな返済方法・窓口が用意されていますから、余裕を持って返済していくことが大切です。

 

延滞には将来的にもデメリットしかないことを覚えておいて頂戴。家族や親族の急病で、ある程度高額なお金を急に用意しなければいけない。

 

誰でも、ここさえ乗り切れば後々楽になるという大切な局面があるでしょう。

 

 

 

困った時の頼もしい助っ人となってくれそうなのは、とりあえず当たってみたいのは、クレジットのカードで、それが無理なら、無人契約機のある消費者金融の店舗(実際のお店を構えているとどうしても維持費が掛かりますが、ネットショップなどだと、コスト(あまりにも切り詰めると、品質が落ちてしまう可能性もあります)が削減できる分、商品の価格が安かったりします)があることで、借金が手軽にできるようになりました。

 

 

 

係員がいないので変に気を遣わずに済み、時間も5分から10分ほどでと言うような会社もあり、早さを第一と考えるのであればそういうところを選ぶと良いでしょう。
あまり考えたくはないでしょうが、急な金策に備えて自分に合った会社を捜しておくことをオススメします。
お金を借りる必要があって、初めてなのでどこが良いか捜していたら、一括審査というのを知りました。保険の一括見積もりと同様の仕組みです。
こういうサービスは、カードローン初心者こそ知っておきたいだと思います。

 

これまでは、ローン会社の審査に通らなかったら、別の会社を捜して、そこもダメだったら別のところを探すのだろ受けど、そこが大丈夫という保証はないし。
大変だと考え、面倒だし、時間がかかることを心配していました。利用者にとっても時短や手間解消のメリットはありますが、金融各社も競合他社とくらべられるので、条件面などで多少がんばってくれそうな気がします。

このページの先頭へ戻る